TASKお問い合わせフォーム


TASKの資料請求はこちらから

電力を使わず腕上げ作業の
負担を軽減。
アシストスーツTASK AR



長年、建築現場に施工性の高い部材を
供給してきたダイドーが
新たなアプローチで現場改善をご提案。
多様化する作業員のスタンダードツールを目指します。

ターゲットは、”腕を上げ続ける作業”

・労働災害の中で報告事例の多い
「上肢災害」は、ほとんどが勤続疲労によるものです。

・腱板断裂と診断され、治療を受けた場合、

完全復帰40%・軽作業へ転換37%
復帰困難33%
 →肩関節障害は、
  職業寿命を縮める可能性が大きく、
  安定的な雇用確保するためには
  予防措置が必要です。


  そこで、アシストスーツTASK ARは
  ”腕を上げ続ける作業”をターゲットとしました。

腕を上げるとアシストが発生、上腕を保持

・腕を上げる動作をすると、アシストが発生。
 腕が持ち上がり上向きで保持され、
 上腕作業の負担が軽減されます。

・また、腕は完全に固定されるわけではなく、
 自由に下ろすことができるため、
 動作が大きく制限されることはありません

アシストスーツTASK ARは、
「重量物を地面から持ち上げる」 「重量物を運搬する」
「人を支え、起こす」等
腰にかかる負担を直接的にサポート
するものではありません。

製品特性

電力不要。
時間や場所に制約なく使用できる
ダイドーが昇降棚等の機構商品で
培った「動かす」設計技術を生かし、

電気機構無しでも自然に、十分なアシスト力を実現。
サイズは1種類。
装着も1人で簡単。癖のない動き。

真にアシストスーツを必要とする、
女性や高齢者にも
使っていただきやすい設計。

現場の声を徹底的に聞くことで、
「本当に使えるアシストスーツ」に。


【従来のアシストスーツの課題】
1.重い → 長時間の使用は疲れる…
2.大きい→ 周辺に干渉して邪魔になる…
3.動きにくい→ 動きに癖があって慣れない…

TASK AR3.0は、
全てをクリアした普及モデル。
重量1.7kg。
自然なアシスト力をお試しください。

導入効果

上腕及び肩回りの負担軽減・作業の継続化
高齢者や女性の現場活用に
安全性向上
生産性向上


効果検証結果はこちら



TASKお問い合わせフォーム


TASKの資料請求はこちらから