サステナビリティ CSR

~ sustainability ~


いくら利益がでても、会社が豊かになっても、社員の健康・安全なくして会社はなりたたない


安全への取り組み

当社は、1951年の創業以来、「いくら利益がでても、会社が豊かになっても、社員の健康・安全なくして会社はなりたたない」という安全理念のもと、リスクアセスメント抽出や危険予知訓練を通じて「無災害記録の継続」に挑戦するなど、安全職場造りに取り組んできました。
その結果、労働基準関係官庁から12回の安全表彰を受賞。2004年には「厚生労働大臣表彰 優良賞」、2009年には「安全功労者 内閣総理大臣表彰」を受賞することができました。
こうした積年にわたる継続的な安全への取り組みは、"ダイドーの文化"となり、社員ひとりひとりが「絶対に自分がケガをしない、絶対に部下をケガさせない」という意識を共有することができています。

安全の歩み

1985年 大阪労働基準局長表彰(安全進歩賞)

1990年 労働省労働基準局長表彰
第一種無災害記録時間(無災害260万時間達成)

1992年 大阪労働基準局長表彰(安全優良賞)

1996年 労働省労働基準局長表彰
第二種無災害記録時間(無災害390万時間達成)

1998年 労働大臣表彰(安全進歩賞)

2004年 平成16年度安全衛生に係る優良事業場
厚生労働大臣優良賞

2005年 リスクアセスメント制度導入

2009年 平成21年度安全功労者
内閣総理大臣表彰

健康・労働に対する取り組み

  • 健康宣言
  • 業務データの分析を通じて、社内コミュニケーションを深化させ、社員の心と身体、両方の健康を支援します。

  • 働き方改革宣言
  • 業務データに基づく、時間のバラつきを改善し、標準化を行う事による生産性向上を行います。

電子加工指示書のデータ分析に基づいた
健康・働き方改革への取り組み

当社の製造現場では作業者1人1人に電子端末(PC or タブレット)を配備し、製品を生産時間、つまり作業実績をリアルタイムで登録できるようにしています。
このデータを使用して、生産時間のバラつきを可視化・分析することで、バラつきの要因である不安定要素を特定することができます。その不安定要素を解消し、生産時間を短縮改善することは、労働時間に繋げることができます。また、不安定要素などの「いつもと違う」行動は作業者の心身の健康の変化にも影響します。データを通して社内コミュニケーションを深化させることで、作業者の心と身体、両方の健康を支援できるようにしています。

環境への取り組み
環境方針

法令と環境を守る企業活動で、製品・サービスの価値向上に努めます。

ISO14001取得

「株式会社ダイドー・大同化工機工業株式会社」は、環境マネジメントシステム(ISO14001:2015年度版)を取得しています。