スタッフブログ

  • 2023/01/04

    ワンステッププルダウン ランドリー収納リフォーム事例

    ご自宅の洗濯機上、ぽっかりもったいないスペースだなあ…と感じてはいないでしょうか?ダイドーのワンステッププルダウンは、扉連動で簡単に降ろすことができるから、こちらのスペースの活用し、ランドリー収納を設けるのに最適!今回は設置事例をご紹介いたします。

    1.今回のお宅

    築20年程度の分譲マンション。ランドリー上は全く活用されずにいました…

    ワンステッププルダウンをご紹介したところ、収納に困っていたということで設置をご検討いただきました。

    設置前の状況

    2.現地調査

    設置検討におけるチェックポイントは下記の通り

    ①幅方向の寸法に問題ないか
    ②高さ方向の寸法に問題ないか
    ③水栓や電源コンセントと干渉しないか
    ④下地・間柱のチェック

    ①幅方向の寸法に問題ないか

    ワンステッププルダウンのキャビネット幅は900㎜、750㎜、600㎜。それぞれのキャビネット取付に十分な幅が確保できるかチェックします。

    ②高さ方向の寸法に問題ないか

    天井に合わせてキャビネットを設置してしまうと、収納をおろしても手が届きにくい・取っ手に手が届かないといった状況が起こりがち。今回は、奥様のご要望に応じてキャビネットを1600㎜の高さに設置することにしました。

    ③水栓や電源コンセントと干渉しないか

    水栓や電源コンセントが設けられていることが多いため、収納ユニットを下した際に干渉しないかなどをチェックします。今回は下記のような配置にすることにしました。

    ④下地・間柱のチェック

    壁躯体桟木の位置を確認。今回はキャビネットのビス位置に壁躯体桟木がないため、化粧貼り構造用合板を取付(厚み:12㎜)、その上に設置することに致しました。なお、壁の中をチェックするには下地センサーを使ってみると、わかります。

    ※詳細は施工店にご相談ください。

    下地センサーは一度試してみてもいいかも!?

    https://thebest-1.com/a2830/

    3.設置工事

    今回は、内装工事業者にお願いしました。作業は概ね下記の3STEP

    化粧貼り構造用合板の取付
    ②キャビネットの取付
    ③機構部分の取付

    ①まずは、化粧貼り構造用合板を取付します。

    ②次にワンステッププルダウンのキャビネットを取り付けます。

    ③機構部を取付した後に、扉を取付し完成です。

    4.最後に

    いかがでしたでしょうか?ワンステッププルダウンを取付のイメージができましたでしょうか?設置をご検討中の方は、お近くの施工店又は(株)ダイドーまでお問合せください。