スタッフブログ

  • 2022/11/29

    アシストスーツ体験会@ 出雲商工会

    こんにちは。(株)ダイドーアシストスーツ営業担当の上島です。11月25日(金)、島根県出雲市にある大社文化プレイスうらら館で開催されました、出雲商工会「パワーアシストスーツ体験型研修会」にアシストスーツTASKを紹介しに参加してきました。10月の松江市のまつえ南商工会の体験会に続き2回目の島根です!

    出雲商工会 アシストスーツ体験会

    主催:出雲商工会 建設部会 様
    http://izumo.shoko-shimane.or.jp/

    参加企業:(左上) サイバーダイン社  HAL(腰支援)
         (右上) イノフィス社    マッスルスーツEvery(腰支援)
         (左下) アルケリス社    アルケリス(足支援)
         (右下) ダイドー社     TASK AR(上腕支援)

    出雲市の建設業者を中心に4社のアシストスーツを体験いただきました。
    腕、足、腰と様々な部位のアシストスーツを紹介できたことで、「たくさんの種類があり、それぞれの特徴が新鮮で楽しめた、新しい発見があった」「部位ごとに効果を比較しやすく、自社の作業に合うアシストスーツを探しやすい」等、非常にご好評いただきました!

    体験会の様子

    各企業それぞれアシストスーツをプレゼンしました。

    アシストスーツを装着することで、筋肉にかかる負担を軽減し、疲れから起こるパフォーマンスの低下を抑制します。作業者の高齢化が進む中、身体の痛みや疲労は働き手の天敵、早いうちに対策することで慢性的な怪我を予防し、ひいては職業寿命の延長にも繋がります。
    皆さん身近に感じていただけたようで、非常に興味を持って聞いていただきました。

    各企業のプレゼンテーション
    TASK 体験

    装着も容易な軽量タイプのTASK AR Type S 私が装着を実演した後、初めてでも一人で着けていただけました。
    充分なアシストも実感いただき、天井ボードの持ち上げやビス打ち施工、外壁の塗装工事などで使えそう等、実際の作業の動きに照らし合わせて模索いただきました。

    アシストスーツ体験会を募集しております

    引き続き、腕・足・腰のアシストスーツメーカーが共同で実施する体験会の開催を受付中です。今回のような教育現場でもお受けしますし、業界団体や企業様での開催も受け付けています。お気軽にご相談ください!

    ※開催は原則無料。場所によっては交通費を頂戴する場合がございますので、ご了承ください。

    詳細・ご応募はこちら:https://daydo.my.canva.site/assist-taiken

    【参画企業】

    ・アルケリス株式会社 https://www.archelis.com/

    長時間の手術=立ち仕事での身体的負担からくるパフォーマンスの低下を感じていた医師からの相談を受けて開発をスタート。製品名であり社名である「アルケリス」は「歩けるイス」に由来。立ちながらにして座れる「アルケリス」は医療現場をはじめ様々な工場などでも幅広く展開中。

    ・株式会社イノフィス https://innophys.jp/

    中腰姿勢を保つ、人や重い物を持ち上げるなどの作業時に腰の負担を低減するアシストスーツ、マッスルスーツ(R)を展開。最大25.5kgfの補助力、重量は3.8kgと軽量。電力を使用せず、圧縮空気を使用した人工筋肉が補助力を発揮するため、製造・農業・介護・物流・建設などの作業現場にご利用いただけます。2021年4月末現在、マッスルスーツ(R)はシリーズ累計出荷台数20,000台を突破。人工筋肉を使用した外骨格型アシストスーツでは世界一(※当社調べ)の出荷台数を誇ります。

    ・株式会社加地 http://www.laevo.jp

    オランダのレイボ(LAEVO B.V. CEO Rogier Barents)のアジア地域の総代理店としてアシスト装具(エクソスケルトン)“レイボ”を取り扱っております。また、レイボのパッドには株式会社加地が独自開発した素材である“EXGEL(エクスジェル)”が搭載されており、レイボの装着感の向上に役立てられています。

    ・株式会社ダイドー https://daydo.jp/

    住まい環境、働く環境にやさしい製品を企画・設計・生産・販売を行う企業です。アシストスーツ分野においては、バネやダンパーを使用した、電力を使用しない独自の設計技術を応用したTASKシリーズを展開。上向き作業用アシストスーツの分野で業界をリード