DAYDO SITE

システム開発

価値あるITシステムを搭載し、利便性と安心感を

当社は情報システムを企画・開発・管理する部署を設け、業務の効率化・標準化・可視化を実施しています。近年は工場内において情報機器活用のインフラを整備し、工場内の作業効率化や可視化を実現しています。また、以前よりシステムの内製化、社内開発にも尽力してきたため、技術やノウハウも多く蓄積しております。特にシステムの内製化力は、低コスト化や様々な変化へのスピーディーな対応に貢献することができます。

生産管理システム

受注~発注~生産~出荷までの当社の基幹となる業務を支援するシステム。

製品を受注後、製品がもつマスタ・リードタイムにもとづき、部材発注、加工指示、出荷指示を行うことで、担当者個人の裁量による仕事ではなく、生産支援システムに基づく標準化された作業へ落とし込む事を実現しました。

受注管理システム

得意先様が当社で開発した受注管理システムを導入して頂くことで、得意先様の発注業務の標準化と効率化を提供しています。また当社内の受注事務作業の効率化を図ることで、得意先様のために、より迅速な対応をとることに成功しました。お客様のニーズに合ったシステムを開発することで、製品というハード部分だけでなく、システムというソフトの面でもお客様をサポートしています。

電子加工指示システム

生産する上で必要な図面や作業指示の照会、Web検査、ラベルの発行、作業実績の入力を行うことができるシステム。当社の製造現場作業者に、電子端末(PC or タブレット)を配備し、作業者自身が作業実績と検査実績をリアルタイムで登録できるようにしています。

このシステムにより、リアルタイムな実績データを蓄積することが可能となりました。この膨大なデータの可視化により、新たな価値の創造に繋げることができます。

「電子加工指示システム」構築とその実績が評価され、「2016年関西IT百選」の百撰優秀賞に選ばれました。

出荷管理システム

製品の出荷作業を行う際、輸送枠にどのお客様のどの製品が積載されているかを記録・照合するために、出荷管理システムを導入しています。出荷する製品・輸送枠・出荷するための指示書をバーコードリーダーで読み込むことで、製品がお客様のところに、正確に届くようにしています。